森田建設

大阪・枚方市で漆喰と無垢材・自然素材の木の家を建てる工務店の森田建設

HOME > 社長ブログ > 収納力抜群の高密度タワー型収納を活用

収納力抜群の高密度タワー型収納を活用

2020-02-13
注文住宅イメージ

これから家を建てようと間取りを考えていると、「収納を充実させたいがスペースが取れない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

理想を言えば収納部屋としての納戸があればいいですし、ゆったり収納の数を設けることができればよいのですがスペースの問題で簡単にクリアできる問題ではないように思えます。

 

そんなスペースが限られた狭小住宅の方にオススメなのが「高密度のタワー型収納」です。

 

限られた収納スペースを最大限に生かすにはこの「高密度のタワー型収納」が有効です。

 

たとえば、幅が180センチで奥行きを30センチの収納だけでも床から天井までの240センチをフル活用すれば随分と収納力があります。

高さ20センチごとに棚を設ければ合計で12枚の棚を設けることができ、これは実に部屋の大きさでいうと4畳分にもなります。

 

それも奥行きが通常のクローゼット収納の1/3の奥行きしか必要ないため、リビングや寝室、ホールや洗面所などあらゆる箇所に設けることができる可能性があります。

 

そしてこれらのそれぞれの棚には収納ボックスを活用すると良いでしょう。

各ボックスに「薬箱」「CD/DVD」「文房具」などネームを貼ると使い分けしやすく、「片付く収納」にもなります。

またボックスを活用することで奥行きをいっぱいまで利用することができるため有効活用にも最適です。

 

これら文房具類や雑誌・書類、DVDなどなぜか「行方不明になりやすいアイテム」は特にこの高密度タワー型収納にまとめると大変便利です。

限られた収納でも十分な収納力と片付く収納を高密度タワー型収納で実現しましょう。

有限会社 森田建設
〒573-0153 大阪府枚方市藤阪東町2-15-1
TEL:072-808-8800 FAX:072-808-8801
営業時間:9:00~17:00

森田建設

Copyright © 2017 MORITA CONSTRUCTION. All rights reserved.