森田建設

大阪・枚方市で漆喰と無垢材・自然素材の木の家を建てる工務店の森田建設

HOME > 社長ブログ > 上棟時の床下地の雨養生

上棟時の床下地の雨養生

2018-02-27

新築を建てられるとき、床下地合板が雨にぬれてクレームになるという声が他のハウスメーカーや工務店からよくあります。

上棟前に床下地合板を張り、上棟後の雨養生されるまでの間に雨が降って、床下地合板が濡れてカビが生える。

家を建てられる施主様からしたら非常に気分の悪いものです。

また、健康上も住んでから決して良いとは言えません。

 

我が家の近隣でも、ある大手ハウスメーカーの工事現場で、このような床養生がなされていなく、かなりカビが発生していました。

?

このような床合板に対する気配りは、ハウスメーカー・工務店の施主様に対する施工の丁寧さの一つの目安と言えます。

これから家を注文住宅で建てられる方は、ぜひこのような完成してからでは見えない部分にまでハウスメーカー・工務店に配慮してもらうべきです。

(建売分譲住宅の場合は諦めるしかありませんが・・・)

 

床下地合板の雨養生にオススメなのが「天使の床下地」。

1人で30分で完了してしまう画期的な床養生です。

赤ちゃんの積み木にも使える撥水材をスプレー噴霧で簡単施工。

塗布後もすぐにモノは置けます。

木材は本来の調湿機能で浸透してしまった水分もゆっくり蒸発。

 

 

有限会社 森田建設
〒573-0153 大阪府枚方市藤阪東町2-15-1
TEL:072-808-8800 FAX:072-808-8801
営業時間:9:00~17:00

森田建設

Copyright © 2017 MORITA CONSTRUCTION. All rights reserved.