森田建設

大阪・枚方市で漆喰と無垢材・自然素材の木の家を建てる工務店の森田建設

HOME > 社長ブログ > パッシブファーストでゼロエネルギー住宅

パッシブファーストでゼロエネルギー住宅

2018-07-18
注文住宅アイコン

「パッシブファースト」で、もっと、気持ちいいゼロエネルギー住宅へ

日々の暮らしで使うエネルギーを、太陽光などが創るエネルギーで補って、プラスマイナスゼロにするのがZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)。

ZEHは、快適で健康に暮らせるゼロエネルギーハウス。

温もりのある光が窓から射し込み、爽やかな風がそよぐ、室内にいながらにして自然の心地よさを感じられる住まいづくり。

気持ちいいゼロエネルギーの暮らし「パッシブファースト」で、注文住宅・建て替えの家づくりはじめませんか?

 

コンテンツ

電力の化石燃料依存度は約88%。燃料輸入コストは、4年で約10兆円増加

2013年の電源の構成比は、東日本大震災による原子力発電の停止により、化石燃料による発電が大幅に増加し、全体の約88%を占めています。

また、その化石燃料のほとんどを輸入に依存しているため、価格の上昇や為替変動なども影響し、2009年から約10兆円も輸入額が増加しています。

 

電源構成の比率

発電のためのエネルギーは、石炭・石油・天然ガスの化石燃料が約88%と大半を占め、原子量・水力・再生可能エネルギーは、約12%となっています。

 

鉱物性燃料輸入額の推移

ガスやオイル、石炭などの鉱物性燃料の多くは輸入に頼っており、電源構成の比率の増加と共に、価格高騰や為替の変動などにより、輸入額は約27兆円に達しています。

 

国のエネルギー政策では、2030年に向けてZEHを推進

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「断熱+省エネ+創エネ」を組み合わせることで、年間の「一次エネルギー消費量」の収支がネット(正味)でゼロになる住まいのことです。

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のしくみ

暮らしで使うエネルギーを、住宅の高断熱化と省エネにより減らし、さらに使うエネルギーを創エネでまかない、全体のエネルギー収支を正味ゼロ以下にするのがZEHです。

・断熱:高断熱パネル、高断熱サッシなど

・省エネ:熱交換換気システム、高効率給湯器、高効率エアコン、LED照明

・創エネ:太陽光発電、エネファーム

 

※一次エネルギーとは、発電のために必要な石油や石炭、天然ガス、水力、太陽光など、自然界から得られるエネルギー源のこと。

一次エネルギーを加工して作られるガソリン、都市ガスなどは二次エネルギーと呼ばれる。

 

気持ちのいい住まいをつくる、パッシブファーストのポイント① 断熱性を高めて、エネルギーロスを防ぐ

熱はどこから逃げる?

一般住宅において、熱の出入が最も多いのは、屋根や外壁よりも、窓やドアなどの開口部です。

冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは約半分。

暖房の熱を逃がさず、少ないエネルギーで効率よく部屋全体を暖めるためには、開口部の断熱性を高めることが重要です。

 

熱の部位別の流出割合(冬の暖房時)

・開口部 58%

・外壁 15%

・換気 15%

・床 7%

・屋根 5%

 

家の中での温度差が少ない家が、心地よく住みやすい家の基本

断熱性の高い住宅は、外気温の影響を受けにくいため、一年中快適な室内温度を実現。

部屋の上下の温度差、部屋間の温度差が小さく、ヒートショックの心配も少なくなります。

 

一般的な住宅は、天井と床部分の温度差が大きく、すき間風のため足元に冷気が溜まるのに対して、断熱性の高い家は、天井から床までほぼ均一な温度を保つため、足元まで快適です。

 

夏は日差しを遮り、冬は陽だまりをつくる

季節による太陽高度

太陽の光と熱を暮らしに生かすために、基本的な日差しの特性を知ること。

季節や時間による太陽の高度や方位、日射量を考慮し、採光計画を立てることが快適な暮らしのポイントです。

 

窓の向きによる特徴

東面の窓

・朝日が入り、夜の間に冷えた室内を暖める

・朝食時に日射量が多く、ダイニングに最適

西面の窓

・午後は明るく、部屋の奥まで日差しが入る

・夏や西日よけの対策が必要

南面の窓

・一年中、明るく日差しが入る

・冬の日射量は西・東向きの窓の2~3倍

・夏は日差しが強く、遮光対策が必要

北面の窓

・冬は直接光が得られず、結露対策が必要

・明るさは一年中安定

天窓など屋根の水平面の窓

・夏の日射が一番多い

・北向きの天窓が有効

 

夏の熱を遮る工夫で快適に

夏は、70%以上の熱が窓やドアの開口部から出入するため、光や熱を遮る工夫も重要に。

南面の窓にはひさし、西面にはルーバーを取り付けることでの日射遮蔽対策が有効です。

また、遮熱タイプの内窓、外付けスクリーンや、すだれを併用するとさらに効果が高まります。

 

熱の部位別の流出割合(夏の冷房時)

・開口部 73%

・屋根 11%

・外壁 7%

・換気 6%

・床 3%

 

風の通り道をつくって気持ちよく暮らす

自然の地形を考えた通風計画を

自然の風を暮らしに取り入れるには、まず周辺の地形や住環境を把握し、海風、川風、山から吹き下ろす風、周辺の住宅やマンションなどの建物の配置を考慮し、通風計画を立てましょう。

 

風をいざなう

空気の特性を利用した温度差換気

自然の風を誘うには、風や空気の特性を上手に利用することが必要です。

温度の違いによって空気の流れをつくる「温度差換気」は、暖かい空気が上に行く特性を利用する方法です。

排気側の開口部が風上を向かないよう注意しましょう。

 

風を捕まえる

縦すべり出し窓で、通り抜ける風を捕まえる

風の向きに合わせて窓を設けても、周辺の建物の影響で思うように風が通らない場合があります。

縦すべり出し窓を使う工夫で、家の脇を通り抜ける風を捕まえることができます。

 

風で冷やす

水場や植栽で風の温度を下げ、快適な風を室内に

水場や植栽などを生かすことも効果的。

敷地の緑化は照り返しを防ぎ、葉の蒸散作用で空気の温度を下げます。

また、池や水盆にも水の気化熱で風を冷やす効果があります。

 

水やお湯をかしこく使う

家庭で使う水とエネルギー

節水意識の高まり等により一般家庭の水道利用量は4.6%ダウン。

中でもトイレは約25%もダウン。

節水型トイレが大きく貢献しています。

 

浴室やキッチンでは水の使用量のみならず。給湯エネルギーも発生するため、家庭内エネルギーの約4割も占めています。

 

新しい節湯基準に対応する水栓器具

浴室・キッチン・洗面の水栓金具に節湯水栓を使用することで、給湯における一次エネルギー消費量を削減することができます。

 

自然に湿度を調整して、快適な住空間を

快適さを感じる6つの要素

室内環境を整えようとするときに影響を与えるのが「温熱環境要素」です。

これは「気温」「湿度」「放射」「気流」という気象的4要素に「着衣量」「代謝量」を加えたもの。

この6つのバランスが保たれているとき「快適」と感じます。

 

湿度調節で快適な空間作り【タイル建材】

エコカラット

湿度が高くなると湿度を吸収し、湿度が低くなると湿度を放出する調湿機能を備えたタイル建材。

雨の日のジメジメや、結露を抑制するだけでなく、冬の過乾燥を抑えて肌や喉にやさしい室内環境をつくります。

 

温湿度の回収で快適性アップ【熱交換換気システム】

エコエア90/エアマイスター

計画的な換気で、家の中の空気を入れ替えると共に、温度や湿度を新鮮な外気に移し変えることで、快適な室内環境をつくります。

 

自然の力でエネルギーを創る。見える化でかしこく暮らす

エネルギーは減らす・創る・貯める

建物の省エネ化+機器の高効率化により使用エネルギーを削減。

さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いたゼロエネルギー住宅、HEMSや蓄電池を用いることでエネルギーを最適に制御します。

 

新築住宅にもストック住宅にも対応する【太陽光発電システム】

太陽光発電システムは、光熱費の節約やエコにも貢献。新築住宅にも既設の屋根にも取り付け可能です。

 

 

有限会社 森田建設
〒573-0153 大阪府枚方市藤阪東町2-15-1
TEL:072-808-8800 FAX:072-808-8801
営業時間:9:00~17:00

森田建設

Copyright © 2017 MORITA CONSTRUCTION. All rights reserved.