森田建設

大阪・枚方市で漆喰と無垢材・自然素材の木の家を建てる工務店の森田建設

HOME > 社長ブログ > 火災報知機の設置義務

火災報知機の設置義務

2018-02-10

さて本日は火災報知機のお話です。

平成1861日より

新築に関しては、火災報知機を設置する事が義務付けされました。

?

しかし、皆様、どこに設置しなければいけないのかご存知ですか?

?

答えは。。。

なんと

全国、市町村によって違います。

?

全国共通で必須として設置しなければならない場所は

■寝室■となっております。

2階建ての場合は、階段の1番上■にも設置が必須となります。

その他、神戸市や大阪市では、

■キッチン■にも設置しなさい。という地域もございます。

?

実際、調べるのが面倒なので

□寝室(これはどこで寝るか不明なのであくまで居室全室)

□階段の上

□キッチン

に設置しておくことが多いようです。

?

基本的には煙式を設置する事になっておりますが、特例で、キッチン部分だけは熱感知式でも許可が出ております。

(※私の家ではキッチン部も煙式を設置しておりますが誤作動は1度もありません)

?

?

では、新築ではなく既築の住宅の場合はといいますと

?

?

関西では

平成235月末日までに取り付けなさい。

?

という事になっておりましたので

?

現状

日本の住宅には全て

火災報知機が取り付いていることになります。

?

?

もし取り付けていなかったら。。。

あくまで義務であり、違反しても罰則は今のところございません。

?

しかし、例えば、借家で設置していなかった場合に

火災が発生し、人が亡くなった場合などは、オーナー側にかなりのお咎めがあるのでは。。。

という事です。

?

ご自宅も

借家も

もしまだ火災報知機を取り付けておられなかったら

すぐにでも取り付けられることをお勧めいたします。

 

有限会社 森田建設
〒573-0153 大阪府枚方市藤阪東町2-15-1
TEL:072-808-8800 FAX:072-808-8801
営業時間:9:00~17:00

森田建設

Copyright © 2017 MORITA CONSTRUCTION. All rights reserved.