森田建設

大阪・枚方市で漆喰と無垢材・自然素材の木の家を建てる工務店の森田建設

HOME > 社長ブログ > ウォークイン収納の幅は両面吊りなら最低180cm

ウォークイン収納の幅は両面吊りなら最低180cm

2019-11-09
注文住宅イメージ

薄い壁材を使ってクローゼット内の広さを確保する

衣類がたくさんある場合、スペースが許せばウォーク・イン・クローゼットがあると便利です。

両面吊りの場合、60cm(洋服の幅)+60cm(人が通る幅)+60cm(洋服の幅)=180cmが、最低限で必要な大きさになります。

そんなにスペースがもし取れなければ、片側を30cmの棚にしてしまえば150cm幅でも可能。

クローゼットの壁は薄くても問題ないので、内部の広さを確保するために、間仕切り壁にランバーコア材などを使い、薄くすることもできます。

家づくりの際には、工夫次第で使い勝手のいいクローゼット作りを目指しましょう。

有限会社 森田建設
〒573-0153 大阪府枚方市藤阪東町2-15-1
TEL:072-808-8800 FAX:072-808-8801
営業時間:9:00~17:00

森田建設

Copyright © 2017 MORITA CONSTRUCTION. All rights reserved.